ECOSPA 地球温暖化対策は私たちの手で!美しい地球、美しい自然を次世代に継承しましょう。
エイコーエコスパ株式会社 〒230-0046 神奈川県横浜市鶴見区小野町75−1 横浜新技術創造館(リーディングベンチャープラザ)1号館108号 TEL 045-502-0143
HOME 商品紹介 導入事例 BDFとの違い 資料請求 お問い合わせ リンク集
ホーム > 商品紹介
English
会社紹介
アクセス
廃油再生燃料化装置
エオミックス
廃油清浄化装置

電磁化水発生装置
イーサー

株式会社エイコー環境対応照明(LED/CCFL)のエイコー
廃油再生燃料化装置 エオミックス (EOMIX)
エオミックス資料 (PDF形式・3.35MB) エオミックス型式一覧 (PDF形式・652KB)
 廃油再生燃料化装置 エオミックス SME-300 (代表的機種)
廃油再生燃料化装置 エオミックス SME-300  装置能力
   500 L/時間(混合燃料)

 運転方法
   連続式 自動運転

 装置寸法
   1600L×1000W×1590H

 装置型式
   据置固定式(油流出防止枠付き)

 電源
   3相200V

 消費電力
   1.15KW (定格)

 ランニングコスト
   電力代 0.02円/L
   濾材代 5,000〜10,000円/年
「廃油再生燃料化装置 エオミックス」は、再生可能なバイオマス資源の一つである廃食用油のエネルギー化を図るために開発された装置であり、地球温暖化防止(CO2増加の抑制)、石油資源の枯渇対策に寄与すると共に、コスト削減(燃料費や廃棄物処理費の節減)に役立ちます。同様の目的で使用されているBDF(脂肪酸メチルエステル)製造装置に比べて、簡便で安価、高能力、低コスト、副生物が発生しないこと等でユーザー様から高い評価を頂いています。

本装置は、主に貫流ボイラーや炉筒煙管式ボイラーに連動するシステムとして使用されていますが、焼却炉、乾燥炉、加熱炉等の固定燃焼炉用や発電機、コジェネシステム、船舶、重機等のディーゼルエンジン用としても利用できます。

また、廃食用油ばかりではなく、自動車、船舶等の廃潤滑油や各種の廃機械油も焼却炉等用途を限れば、本装置により再生燃料化できます。

本装置は、廃油と石油類(A重油、軽油、灯油)を、用途に応じた適正比率で微細化均一混合し、精密濾過するユニットシステムであり、以下の特長があります。
物理的処理であり、処理速度が速い。
(連続式標準機:500L/Hr、1,500L/Hr以上の大能力機も製作可能)
副生物が発生しない(廃水処理等不要)
装置価格、ランニングコストが安い。(連続式標準機電力費:0.04円/L)
A重油、軽油、灯油との混合燃料にすることができ、多用途に使用可能である。
廃油は植物性廃油の他、動物性廃油、鉱物性廃油も限定目的で利用可能である。
寒冷地用、パーム油等固化する廃油用の機種も製作可能である。
小型であり、ボイラー室内等の小スペースに設置可能である。
操作が簡単でメンテナンスも容易である。連続式の運転はボイラー運転者の兼務で充分である。
例えばA重油炊ボイラーの場合、A重油燃料と廃油再生燃料(A重油と廃油の混合燃料)で空燃比等ボイラーの運転条件を変えなくてよい。
排ガス測定値が悪化することはない。
廃油再生燃料化装置特許
(発明者、特許権者:根石紘一)
1)特許 第4491526号(平成22年4月16日登録)
2)特願 2010−10682(平成22年1月21日出願)
このページの先頭へ

廃油清浄化装置
 廃油清浄化装置 ORM (代表的機種)
廃油清浄化装置 ORM  装置能力
   200 L/時間(廃油)

 運転方法
   連続式 自動運転
   (スラッジ回収はバッチ式)

 装置寸法
   1100L×1100W×1000H

 装置型式
   据置固定式(油流出防止枠付き)

 電源
   3相200V

 消費電力
   10.4KW (定格)

 ランニングコスト
   動力電力代 0.12円/L(廃油)
   廃油予熱器電力代は装置の
   運転条件により異なる。
「廃油清浄化装置」は、廃油中に含まれるスラッジ量が多く、廃油再生燃料化装置の濾材の目詰まり・交換頻度が多い場合に使用する「廃油再生燃料化装置の前処理装置」として開発された装置です。

遠心分離機により、廃油中のスラッジを連続的に分離するユニットシステムであり、本装置の付加により,廃油再生燃料化装置の濾材の目詰まり・交換頻度を著しく少なくすることが出来ます。

「廃油清浄化装置 ORM」は、安価な汎用品として開発された機種であり、遠心分離機内に溜まったスラッジの除去操作のみ手動で行いますが、操作は簡単です。

各所から回収してきた廃油を燃料化する場合は、廃油中に含まれるスラッジ量が多いので、本装置の使用をお奨めします。本装置での処理前に、廃油をタンクに入れて静置分離し、予め粗いスラッジや水層を分離除去することをお奨めします。
このページの先頭へ
廃油再生燃料化装置の使用例
 廃油再生燃料化装置 エオミックススーパー
 (廃油清浄化装置 ORM付き廃油再生燃料化装置)
拡大図を表示 (JPG形式・1.27MB)
このページの先頭へ

電磁化水発生装置(イーサー)
ESR

[用途]
冷温水設備、ボイラーなどの熱源設備や冷却塔、熱交換器、配管等において水の使用等に伴うスケール障害の防止や、錆の発生を抑止する装置として使用します。

[原理]
スケールの原因となるカルシウム、マグネシウム、鉄、シリコンなどにイオン化を促進するエネルギーを電磁波で効果的に与えることにより配管内でのスケール除去やスケールの生成を抑制します。また、鉄の不動態皮膜(黒錆)が形成され錆を防止します。

[機器の構成]
構成は、制御機と電磁界発生部よりなっており、信号ケーブルで結ばれています。電磁界発生部は半円状の一対から構成され配管を挟み込んで設置します。配管サイズに応じたものを準備しています。

[効果確認]
スケール分析や水質分析の結果をもとに周波数を調整したイーサーを現場にテスト的に設置し、約3ヶ月の間に水質分析などを行ない効果を確認します。

【お問合せ先】
エイコーエコスパ株式会社 (製造・販売)  TEL:045-716-6575 FAX:045-716-6127
株式会社エイコー東京本社 (販売) TEL:03-5470-9531 FAX:03-5472-5203
同上    大阪本社 (販売)  TEL:06-4705-6721 FAX:06-4705-6733

株式会社エイコーESRページを見る
このページの先頭へ
HOME 商品紹介 導入事例 BDFとの違い 資料請求 お問い合わせ リンク集
Copyright(C) 2011 EICOH ECOSPA Corp. All rights reserved.